在宅勤務手当を支給した場合、給与として課税する必要あるの?④

「在宅勤務手当を支給した場合、給与として課税する必要があるの?③」では業務使用分の精算方法(在宅勤務に通常必要な費用を精算する方法)」の通信費・電気料金について説明しました。「在宅勤務手当を支給した場合、給与として課税する必要があるの?④」では、令和3年5月31日に追加された「在宅勤務に係る環境整備に関する物品の支給」について説明します。

 

●在宅勤務手当を支給した場合、給与として課税する必要あるの?④~在宅勤務に係る環境整備に関する物品の支給~

 

従業員の在宅勤務の環境整備のため、会社が所有する物品等を従業員へ貸与する場合には、従業員に対する給与として課税する必要がありません

※「貸与」については、例えば、会社が従業員に専ら業務に使用する目的で物品等を「支給」という形で配付し、その配付を受けた物品等を従業員が自由に処分ができず、業務に使用しなくなったときは返却を要する場合も「貸与」とみて差し支えはございません。

 

ただし、会社が従業員に環境整備に係る物品を支給した場合(その物品等の所有権が従業員に移転する場合)には、従業員に対する現物給与として課税する必要があります

 

在宅勤務に係る事務用品等の支給と同様に、ポイントとなるのは、貸与なのか、支給(その物品等の所有権が従業員に移転する場合)ですね。

 

 

※当ブログ上の情報は記事作成時の法令などに基づいて作成しております。また、税法の改正や個々の事情により掲載の内容と異なる場合があります。当ブログおよびその内容に関し如何なる保証もいたしませんのでご了承ください。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

お気軽にご相談下さい。
公認会計士・税理士 権田 俊枝

〒373-0853
群馬県太田市浜町3-6
太田商工会議所会館4階

tel.0276-49-5575
fax.0276-49-5576

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*