生産者と消費者、そして「分解者」という存在

「ファッション産業は世界で排出される温暖化ガスの8%を占める」 という調査結果が公表されていますが、 ファッション業界では DXならぬ GX(グリーントランスフォーメション)への取り組みが急務化、 2019年のGサミットで 50年までのカーボンゼロを掲げるファッション協定に ...

続きを見る

「始末」の精神に宿る日本人の美意識を考える

関東ではあんまりなじみのない言葉「始末」。 「始末」と聞いたら、一重に 「処分する」「 捨てる」といった チョット 残念な意味合いで使われますね。。   でも、主に関西では「始末」は、資源を大切に無駄なく使う といった ポジティブ&豊かな精神性で使われているこ...

続きを見る

これからは#”ザ・量り売り”の時代!

日経新聞の やさしい経済学 「ごみ削減を考える」 の記事には、   京都市民のごみ削減の意識がとても強く ごみの量も全国的に平均と比べても 政令都市のなかでも少ないのだそうです。   その根底にはやはり「始末の心」がしっかりと根付いているのかもしれま...

続きを見る

「DX構想」も信頼性の一歩、から・・・

令和2年度の所得税や消費税などの確定申告数が公表され、 いろーんな「万人」の数値が登場しています。   まず、所得税の確定申告書を提出した方の人数は 約2249万人で、そのうち申告納税額が発生した人は約657万人でした。   そして、自宅等から...

続きを見る