秋の夜長に「藝」の意味を考えてみる

日本経済新聞の 「遊遊漢字学」 で阿辻哲次氏の「藝」の漢字の意義が書かれていまして、とても興味深く読ませていただきました。 古代中国の学校で、当時の貴族の子弟が受講必須であったエリート教育のプログラム「六藝」(礼・楽・射・御・書・数)で、「藝」という文字が使われていました。 「藝...

続きを見る

濃~いキャラは財産!それに”実力+技術”が備われば・・・

 先日、ラジオ番組で紹介されていた「日本百貨店」。 実際に以前、店舗に行ったことがあるのですが、本当に日本の職人さんの個性ある作品があふれていて 店内が楽しくて仕方なかったのですが、とくに印象に残っていたのは、 ”たわしストラップ”  でした。本物の小さなたわしがストラップになっているので...

続きを見る

コンビニの将来像は、きっと〇〇〇の””ライフ・プラットフォーム化””!

こちらの地方にも、例えば道路沿いの空き家や田畑などには、今でもコンビニの開店が続いていますね。 まさに、コンビニのオープン(現在はちょっと落ち着いた感はありますが・・・)は周囲の勢いとは”異質”の快進撃!ではありますが、 今後の将来のコンビニの立ち位置 つまり存在意義は、ずいぶん...

続きを見る

”ゾンビ”の対義語は、”将来への展望を探す努力”!?

 昨年末に買い替えたスマートフォンは、「歩きスマホ禁止」が初期設定となっていたようで、今でも もちろん その設定は変えておらず、おかげで 歩きながらのスマホ操作はしていません^^。 でも、街を歩いていると、普通に、”歩きスマホ”している人はまだまだ多いですね(>_<)。先方から...

続きを見る