「ジョブ」を見つけて新しい価値を生む”業種変更”??

モノやサービスを消費する(買う)ということは、消費者が目的に応じて企業の商品・サービスを 「雇う」という考え方が 特徴の 「ジョブ理論」 。   それは、従来型のマーケティングとは異なり、 顧客の性別や年齢層、所得、居住地域等の「属性」を調査するのではなく、 顧客の課題を解決する...

続きを見る

”独自の美意識”を”意識”する次世代の経営

通常の、経営者がもつべき感覚としてもっともなのが、 「どうしたらもっと儲かるのか?」という問いです。   まさに禅問答のありさまです。   まぁ、当たり前といえば当たり前、、の考え方・・・なのですが、   仮に、 「どうしたらもっと楽しくなるか?ワクワクす...

続きを見る

目線で捉える最前線のマーケティング手法

目は口ほどにものをいう— は、インサイト中心型の戦略では、今後、フォーカスされるポイントになる!と思います。     ”本当にほしいものは顧客は教えてくれない” ――― を前提に、「インサイト分析」なるものをトコトン、 手間と時間をかけて・・・ ・・・・。それでも、なお...

続きを見る

経営者もバイヤー目線養成の努力を^^

日経MJの ”客を呼ぶバイヤー特集”で、バイヤーさんのお仕事での努力ぶりが紹介されておりましたが、 努力の方向性は、バイヤーだけでなく業種を超えて広く学べるヒントがとっても多いな、と感じました。 次のヒットの芽をみつけて、価値のある商品を店頭に揃える役割を担うバイヤーさんたちの目...

続きを見る

決算書は、”経営者の思念”を実直に映し出す。

『(会計の専門家になって、)数字を長~い期間見続けていると、数字って自然と読めてくるの?』という質問を受けることも時々、あるかなぁ。 そんなときは、『もちろん、そうです!』と答える。この、数字が読めるっていう感覚は、少し”不思議”な面もあります。 それは、決算書を見ると、その会社...

続きを見る